痔のことなんでもQ&A

2012年9月28日 金曜日

痔と間違いやすい症状と病気

 患者様の中にはご自身でインターネットなどを利用し「自分は痔だ」と判断してしまい、病院には行かず、市販の薬を利用されている方が少なくありません。 痔で病院へは恥ずかしいので行きたくないという気持ちはよく理解できますが、時として重大な病気を見過ごしてしまうケースもまれにあります。
 今回は痔と似た症状で間違えやすい病気をご紹介いたします。
一番痔と間違いやすい病気。。。それは大腸がんです。大腸がんには排便時に出血する、便の残りょう感があるなど、痔の症状と酷似しています。また便秘や下痢を繰り返すといった症状もあります。痔だと思って放っておいたら実は大腸がんだったという例は、意外にあります。ほかには大腸ポリープ、潰瘍性大腸炎、クローン病等が挙げられます。これらの病気も痔の症状を似ているため素人にはなかなか判別するのは難しいと思います。
自己判断がどれだけ少しだけでもご理解いただければ幸いです。
まずは「あれ?痔かな?」と感じたらお近くの肛門科へまず受診していただくことが何よりも大切です。
また定期的に便の潜血検査をすると痔だけでなく大腸がんの早期発見にもつながります。

記事URL

2012年9月11日 火曜日

痔の痛みを和らげる食べもの 

痔の痛みを和らげる食べもの、痔の改善に効果的な食品の紹介。 
当院でよく「痔の時はどういったものをたべればよいですか?」とういう質問をしばしば受けます。
 当然刺激物は避けていただきたいのですが、今回は痔の痛みを和らげるといわれている食べ物を
ご紹介したいと思います。
痔の痛みが強い時にはにんにくを蒸し焼きにしたものが効果的と言われています。 まずにんにくの一片を薄皮を剥かずアルミホイルにクルミオーブントースターで柔らかくなるまで焼きます。焼けたら薄皮を剥いてガーゼにくるんで患部に当てましょう。やけどには十分ご注意ください。寝る前に当てて朝までそのままにしておくと効果が高いそうです。 ただし完治することを保証しているわけではないので、応急的な処置と考えてください。まずは専門医へ相談することが何よりも大事です。

記事URL

2012年9月 7日 金曜日

もしもの時のために今知っておきたい「痔」の悩み解決法 | 美レンジャー 

  痔は、男性のかかるものというイメージが強いですよね。しかし、なんと男性よりも女性が かかりやすい症状なのです! 意外と悩んでいる女性は多いのです。
 一言で痔といっても大きく分けて3種類に分けられます。
まず一番多いのが'いぼ痔'です。. 肛門の周囲の血管がうっ血して腫れるもので、悪化してしまうと腫れの部分が肛門内部から外へ出てきてしまうこともあります。内部にある腫れは痛みがないので、自覚している人は少ないようですね。 
 二つ目は肛門の皮膚が傷ついて排便時にヒリヒリとした痛みや、出血を伴うこともあります。
 三つ目は穴痔と呼ばれるものでこれは肛門周囲が腫れて膿みがたまるといわれています。
特に女性の場合は専門医になかなか相談できず市販薬に頼っている方が多いそうです。もちろん市販薬で症状が改善されればよいのですが、2週間使ってみて改善されないようでしたら、専門医へ相談されることを勧めます。
 また薬以外でも自分自身で日ごろからできるケアをして排便時のトラブルを避けましょう。バランスのとれた食事をし、食物繊維をとったり、消化の良いものを意識してとりましょう。入浴時にもゆっくりと湯船につかり腰回りを冷やさないようにしましょう。また同じ姿勢を取り続けないなどいろいろと自分でできるケアもありますので、試してください。

記事URL

カレンダー

2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31