痔のことなんでもQ&A

2012年6月 8日 金曜日

痔のお話

痔は昔から日本人にとってなじみ深い病気の一つだったそうです。
たとえば加藤清正、杉田玄白、松尾芭蕉、野口英世、正岡子規などなどかなり痔に悩まされたそうです。、海外ではナポレオンなどが有名ですよね。
今ではさまざまな治療法がありますが、当時は長ネギを蒸して患部に温湿布する、サバの頭を黒焼きにして患部に塗るなどちょっと風変わりな治療法が多かったようです。中には患部をヒルを付着させて血を吸わせるなんて治療法もあったそうです。
 現代において治療法は大きな進歩を遂げましたが、日本人の7割は痔の疾患があるというデータを見ると痔はまだまだ日本人にとってなじみ深い病気のようです。